本文へスキップ

受かる!歴史能力検定

1級のレベルと例題

歴史能力検定 受験

受かる!歴史能力検定HEADLINE

1級のレベルと例題


学校での学習にとらわれない広い範囲から出題されます。
出題形式も4肢択一問題をはじめ、記述・論述問題などがあります。


■例題(日本史)

岸信介について述べた次の文章を読み、あとの問いに答えなさい。


岸信介(1896年11月13日生~1987年8月7日没)は、昭和史におけるいくつかの重大な局面に、決定的な刻印を残した政治家である。
 戦前の岸信介の経歴を一言で要約すれば、戦時統制経済体制の構築をめざした経済官僚の一群をさす( ア )官僚から東条英機内閣の閣僚へ、ということになろう。一般に、 戦後の岸のもつイメージの強烈さのためか、戦前から他とは違う超大物ぶりを発揮していたかのような風説もままみられるが、彼は必ずしも、この戦争の時代を順風満帆の状態で駆け抜けることができたわけではない。というよりも、むしろ蹉跌も多い。
 たとえば1937年、満州国に赴任していた岸は、( イ )コンツェルン本社の満州移駐を実現するが、同時に計画されたアメリカ資本の導入には失敗した。この点について岸は、「私は関東軍が反対しなかったら、できたと思いますね」と述べている。また、経済新体制問題の余波が続くなかで(a)企画院事件が発生した1941年初頭、当時、財界の意向を汲 む立場にあった小林一三商工相と対立した岸は、商工次官辞任を余儀なくされる。それは彼に、「俺はやはり若いのだなとしみじみ感じ」させる出来事であった。商工省と満州国体験を基盤とする岸にとって、軍部の強圧と現状維持派の抵抗という挟撃は、容易に克服できる性格のものではなかったはずである。
 そもそも岸は、第一高等学校から東京帝国大学に入学し、大学では我妻栄(のち民法学者)と首席を争い、(b)上杉慎吉からは後継者に指名された学業エリートである。そうした人物が往々にして醸しだしがちな体質を、彼もきっと激しく発散させていたにちがいないのだが、官僚時代の経験は、そうした臭さを中和する役割をも果たしたと考えられよう。
 東条内閣で商工相などを務めた岸は、戦後、(c)A級戦犯容疑者として逮捕され、およそ3 年間の獄中生活を送ったのち不起訴・釈放となった。まもなく、日本再建連盟の結成(組織的には社会党右派をも射程に収めて活動しようとしたが失敗)など政界での活動を活発化させ、1953年、実弟佐藤栄作らの工作で自由党から総選挙に出馬して当選。以後、保守勢力のなかでの地歩を急速に固めていく。
 保守政党の左ウィングと革新政党の右ウィングが交錯するような二大政党制を主張していた岸は、党人政治家三木武吉らとともに(d)1955年の保守合同を主導し、自由民主党の初代幹事長に就任した。翌年、鳩山一郎首相が日ソ国交回復を花道に引退すると、自民党次期総裁選びは、岸・石橋湛山・石井光次郎三者の公選となり、第一回投票で岸は一位になったものの過半数に及ばず、決選投票では二・三位連合が成立して7票差で敗れ、石橋新総裁が誕生した。岸は、この時のことを「私は、はたが思うほど敗北にはこだわっていなかった。……特に衆議院段階では過半数が私に投票したと確信している。いつの日か私が国家の安危を双肩に担う日が必ず来る、という自信ができた」と回想している。そのチャンスは、石橋首相の病気退陣により意外なほど早くめぐってくる。
 1957年2月、岸内閣が成立した。同内閣の最大の課題は、いうまでもなく(e)片務的で不備な規定をもつ日米安全保障条約(旧安保条約)の改定である。この作業が安保闘争という空前の大衆的政治運動を生みだしていく過程を簡潔にまとめておこう。
 まず岸内閣は、安保改定への布石として、日本の立場の強化をめざす東南アジア歴訪や将来の政治的混乱をにらんだ( ウ )改正などにとりくんだ。外交面では比較的順調であったが、内政面では( ウ )改正失敗に象徴されるように、社会からの反撃にしばしば直面した。この過程で、東条内閣閣僚・A級戦犯容疑者という岸のもつ負の印象が人々の記憶に呼びおこされていく。
 次に岸内閣が直面した壁は、自民党内の錯綜した派閥争いであった。反主流派からの攻勢をうけて、内閣は幾度となく動揺をみせる。政局の展開を微視的に眺めれば、岸内閣最大の弱点は、国会登場から4年弱で首相の座に就いた岸に、余裕のある党内運営を展開するだけの基盤が不足しがちだった点であろう。安保改定過程で批判にさらされた強引な政治手法は、時間の欠如を主因とするリーダーシップの未確立によってもたらされた。
 最後に、当時の(f)革新勢力にとって、安保は本来「重い」課題であったことを指摘しておく必要がる。その情勢が急転するのは、内閣が新条約案承認を衆議院で強行採決した1960年5月19日以降のことである。全野党欠席下での裁決が民主主義擁護の声を一挙に高め、そこへ、東京大学女子学生( エ )の国会構内での圧死という事態が重なった。反岸 感情は極度に増幅されて爆発した。デモとシュプレヒコールの嵐を首相官邸で目のあたりにした岸にとって、アイゼンハウアー大統領の訪日中止と内閣総辞職を代償に、(g)参議院 の自然承認をひたすら孤独に待つ以外の選択肢は、もはや存在しなかったのである。
 実のところ、政治家岸信介の力の源泉については、今なお、ぼんやりとしたままの部分が多い。そこには同時に、知られざる歴史の陰影も封印されているように思われる。

問1 空欄( ア )・( イ )にあてはまる語句の組み合わせとして正しいものを、次
の1~4のうちから一つ選べ。

1.ア-大蔵 イ-日窒
2.ア-革新 イ-日産
3.ア-大蔵 イ-日産
4.ア-革新 イ-日窒



問2  下線部(a)の事件について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

1.井上日召を指導者とし、「一人一殺」というテロリズムを唱えた集団による、政界・財界人の暗殺事件。一連のデフレ政策を実行して恐慌をもたらした前蔵相の井上準之助、ドル買い問題で人々から激しく非難された三井合名理事長の団磨が殺された。
2.非合法活動下にあった共産党の活動に驚いた政府が、彼らとその同調者を大量に検挙した事件。続いて治安維持法も緊急勅令の形式で改正され、最高刑を死刑または無期刑とする、結社に関係した協力者も処罰可能にするといった修正が加えられた。
3.合法的無産勢力や労農派系の学者に対して治安維持法を適用した弾圧事件。検挙者の中には、『窮乏の農村』の著者である猪俣津南雄、占領期に傾斜生産方式を立案した有沢広巳、のちに東京都知事を務めた美濃部亮吉らも含まれていた。この事件以降、合法的な反戦運動や社会主義的な立場からの政府批判を展開することは極めて困難になった。
4.稲葉秀三・和田博雄・勝間田清一らが治安維持法違反容疑で検挙された事件。より強力な戦時統制経済をめざす「経済新体制確立要綱」が財界からの激しい反発を浴びて骨抜きとされるなど、事件の底流には、経済統制の進展・強化を「赤化」思想の現れとみなして攻撃する風潮の高まりがあった。



問3 下線部(b)に関連して、この人物は天皇機関説に対抗して天皇主権説を唱えたことで知られている。双方の憲法学説について述べた文として誤っているものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

1.上杉慎吉は、穂積八束の後継として東京帝国大学の憲法講座担当教授となって天皇主権説を唱える代表的学者として活躍し、美濃部達吉と激しく論争した。その主張は、国家の「統治権」は無限であり、天皇の命令に臣民は絶対無限に服従しなければならないといった考え方に基づいていた。
2.天皇機関説とは、「統治権」の主体を法人としての国家に帰属させ、天皇は、国家の最高機関として憲法の条項にしたがって「統治権」を行使する存在であると考える学説をいう。こうした解釈は、伊藤博文らの立憲政治に対する理解を発展させたもので、美濃部達吉の登場する以前から、学界のみならず一般にも受けいれられてきた考え方であった。
3.天皇主権説と天皇機関説は、天皇の権力が絶対無制限か(主権説)、それとも憲法の制約を受けるか(機関説)という点で大きく異なっていた。明治後半期から天皇機関説の主要な担い手となった美濃部達吉は、明治憲法の立憲主義的解釈を展開し、明治憲法のもとで政党内閣は必然である、という結論を導きだした。
4.日中戦争勃発後、衆議院議員の菊池武夫が美濃部達吉の天皇機関説を「国体」に反する思想として激しく攻撃すると、天皇機関説排撃運動が全国各地で展開される状況になった。岡田啓介内閣は、やがて排撃運動の圧力に屈して国体明徴声明を発し、美濃部の憲法解釈を公的に否認することを余儀なくされた。






■解答


問1:2(革新官僚とは、日中戦争・太平洋戦争期に「戦時統制経済体制の構築をめざした経済官僚の一群」をさす。また、鮎川義介が日本産業会社を中心に形成した日産コンツェルンは、日本と満州にまたがる一大コンツェルンの形成を図るため、1937年、満州国や関東軍の要請に応じ、本社の日本産業会社を満州国の新京(現在の長春)へ移転させた。翌 年、社名を満州重工業開発会社(略称は満業)と改称して「満州産業開発五カ年計画」の遂行機関となった。)
問2:4(1.は血盟団事件(1932年)、2.は三・一五事件(1928年)、3.は人民戦線事件(1937~38年)をさしている。)
問3:4(「日中戦争勃発後」「衆議院議員の菊池武夫」の部分が誤り。天皇機関説排撃運動は、1935年、貴族院議員の菊池武夫が美濃部達吉の天皇機関説を「国体(=天皇制)」に反する思想として激しく攻撃したのを機に、皇道派青年将校や民間の国家主義勢力によって全国各地で展開された。)


■例題(世界史)

15~17世紀は、かつて「地理上の発見」時代とされてきたが、近年、この呼び方があまりにヨーロッパ中心的でありすぎるとの批判から、「大航海時代」と呼ぶのが普通になった。しかし、この「大航海時代」という呼び方もヨーロッパ中心史観を脱しきっていない、という批判があり、そうした批判者の中には、この時期が、ヨーロッパ人に刺激をうけた形ではあるものの、インドから東南アジアをへて中国・日本にいたる海域でも海上交易が非常に活発化した時代にあたるので、世界的規模での「大交易時代」と呼ぶことを提唱する人々もいる。いずれにしても、この時代に「世界の一体化」が始まったと考えてよい。
「大交易時代」と重なる形でヨーロッパ諸国の植民地抗争も起こる。「大交易時代」の世界や海上貿易・植民地抗争をめぐる歴史について、あとの問いに答えなさい。

問1 15世紀前半には、7度におよぶ和の南海遠征が行われ、分遣隊はアフリカ大陸の東岸やアラビア半島西岸の紅海に達した。15世紀前半のアジア諸国について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

1.日本では、京都で応仁の乱が起こった結果、室町幕府が衰えて戦国時代に入り、沖縄では、中山王が北山・南山を倒して統一が達成され、中山王は明から冊封をうけ、明に朝貢した。
2.朝鮮半島では、朝鮮王朝(李朝)の太宗が朱子学を基盤として儒教的な王道政治の確立をめざす一方、子音や母音を表す文字要素を組み合わせて音節文字とするハングルを訓民正音として公布した。
3.ベトナム北部は、陳朝の復興をかかげる明の永楽帝によって占領・支配されたが、永楽帝の死後、黎利(レ=ロイ)が明からの独立を達成し、黎朝大越国を建設し、都をハノイにおいた。
4.南インドでは、チョーラ朝がラージャラージャ1世の子ラージェーンドラ1世のもとで最盛期を迎え、スリランカへ侵攻したのみならず、マレー半島やスマトラ島へも遠征軍を送った。




問2  15世紀には、ポルトガル人の海上への進出も始まる。15世紀のポルトガル人航海者について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

1.ポルトガル王ジョアン2世の子エンリケ航海王子は、モロッコのセウタ攻略後アフリカ大陸に興味を持ち、自ら船隊を率いてアフリカ大陸の西岸を探検し、ギニア湾のニジェール川河口に達した。
2.バルトロメウ=ディアスは、ポルトガル王の命令でインド航路開拓のためアフリカ大陸西岸を南下し、アフリカ大陸の南端に達してそこを嵐の岬と命名したが、帰国後、ポルトガル王が喜望峰と改名した。
3.カブラルが、ポルトガル王マヌエル1世の命令でアフリカ大陸西岸を航海中に海流に流されてブラジル漂着し、この地をポルトガル領と宣言したことは、トルデシリャス条約が結ばれる原因となった。
4.ヴァスコ=ダ=ガマは、喜望峰を回ってアフリカ大陸東岸の都市マリンディに寄り、その地でイスラーム教徒の水先案内人イブン=ハズムを得て、インド洋を横断してインド東南海岸のカリカットに到達した。




問3 スペインは16世紀に、新大陸で産出される銀などを財政基盤として繁栄した。16世紀のスペインの内政と海外進出について述べた次の文章 I ・ II の正誤の組み合わせとして正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

I. スペイン王カルロス1世は、神聖ローマ皇帝をも兼任し、イタリア戦争ではフランス=ヴァロワ朝のフランソワ1世と戦い、1559年にカトー=カンブレジ条約を締結した。その後即位したフェリペ2世は、ポルトガルの王位を兼ね、「太陽の沈まぬ国」を実現した。しかし彼の時代には、ユトレヒト同盟を結ぶネーデルラント北部7州が、オラニエ公ウィレムを指導者として独立宣言を出す一方、スペインの誇る無敵艦隊(アルマダ)がイギリス艦隊に敗れた。

II. スペインは、アメリカ大陸でメキシコのテオティワカンを都とするアステカ帝国とペルーのクスコを都とするインカ帝国を滅ぼす一方、アジアにも進出した。カルロス1世の援助をうけて船隊を編成し、丁子(丁字、クローヴ)などの特産地モルッカ諸島を西回りでめざしたマゼラン(マガリャンイス)は、フィリピン諸島でラプラプと戦って戦死したが、その後レガスピによってルソン島にマニラが建設され、メキシコのアカプルコとガレオン船で結ぶ貿易で栄えた。

1.I-正 II-正
2.I-正 II-誤
3.I-誤 II-正
4.I-誤 II-誤






■解答


問1:3(1.応仁の乱は、15世紀の前半でなく後半。2.太宗でなく世宗。4.ラージェーンドラ1世は15世紀でなく11世紀。)
問2:2(1.ジョアン2世ではなくジョアン1世。またエンリケ航海王子は、自らは探検せず、航海者を育成し、探検を奨励したといわれる。さらに彼の時代には、アフリカ大陸西岸の南下はシエラレオネまでで、ギニア湾には入っていないとされる。3.カブラルのブラジル漂着は1500年で、1494年のトルデシリャス条約の後。4.イブン=ハズムではなくイブン=マージド。イブン=ハズムは、後ウマイヤ朝の詩人・神学者。またカリカットは、インドの東南海岸ではなく西南海岸。)
問3:4(I-カトー=カンブレジ条約はフェリペ2世の即位後。II-テオティワカンではなくテノチティトラン。テノチティトランは現在のメキシコシティ。テオティワカンは、メキシコシティの北方で前2~後6世紀に栄えた文明の遺跡。)


通信講座で学ぶ歴史

昔の記憶をたどりながら、通信講座でもう一度歴史を学んでみませんか?

まずは、無料の資料請求から・・・

歴史探求講座・戦国時代史の謎
戦国100年のドラマをわかりやすく徹底検証
織田信長、豊臣秀吉、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信、毛利元就、そして徳川家康…。


歴史能力検定

歴史能力検定の受験について

受験申し込み方法
個人受験の方法
団体受験の方法
受験者データ
合格証明書のとり方

検定のレベルと例題

5級のレベルと例題
4級のレベルと例題
準3級のレベルと例題
3級のレベルと例題
2級のレベルと例題
1級のレベルと例題

歴史の通信講座

古代オリエント史
歴史探求講座・戦国時代史の謎