本文へスキップ

受かる!歴史能力検定

3級のレベルと例題

歴史能力検定 受験

受かる!歴史能力検定HEADLINE

3級のレベルと例題


高校で学ぶ基礎的な歴史知識を問う試験です。
社会人や高校生が自分の歴史知識を試すのに最適です。


■例題(日本史)

江戸時代の旗本・御家人について述べた下記の文章を読み、あとの問いに答えなさい。


将軍直属の家臣である(a)旗本・御家人は、俗に「旗本八万騎」と呼ばれたように、当初は軍事的役割が重視されていた。しかし幕政の安定にともない、戦乱のおこる可能性が低下した結果、幕府を支える(b)役人としての役割が大きくなっていった。なかにはその専門分野で才覚を発揮し、出世の糸口にした例もみられる。徳川綱吉の時代には、(c)荻原重秀が 上申した財政再建築が採用され、勘定奉行にまで出世する契機をつかんだ。また( ア  )事件の際に浅野家の遺臣たちに討たれた吉良義央も、その専門知識で名を知られた人物であった。

問1 下線部(a)の旗本・御家人について述べた文として誤っているものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

1.旗本は将軍に謁見を許されたが、御家人は原則として許されなかった。
2.旗本・御家人には、江戸時代を通じて一般的に知行地が支給され、大名と同じく江戸と国元1年交代を原則とした。
3.江戸の町では、身分ごとに居住する地域がはっきりと区分された。旗本・御家人は町人に比べると少人数だが、より広大な武家地を割りあてられた。
4.旗本・御家人の家では戸主の権限が強く、財産や家業は長子を通じて子孫に継続されるのが一般的であった。


問2 下線部(b)に関連して、旗本が就任する役職の郡代・代官について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

1.郡代・代官に任命された旗本は、町奉行の下で幕領の地方行政を担当した。
2.江戸時代には全国の耕地面積が飛躍的に拡大した。郡代・代官が資金を投じて町人の労働力により開墾した町人請負新田の開発も、その原因の一つである。
3.大御所時代に創設された関東取締出役は、代官支配下の幕領にのみ捜査権が認められていたため、ほとんど成果をあげることができなかった。
4.反射炉の建築で知られる江川太郎左衛門は、代々伊豆韮山の代官をつとめる世襲代官という家柄であり、旗本のなかでも上位の待遇を受けた。






■解答

問1:2
問2:4



■例題(世界史)

中世ヨーロッパの主な民族移動には、中世の開幕を告げるゲルマン人の大移動、そのゲルマン人のかつての居住地に入ったスラブ人の拡散、ゲルマン人の大移動期には移動しなかったゲルマン人のその後の活動がある。ゲルマン人・スラブ人・ノルマン人の移動・活動について述べた下記の文章を読み、あとの問いに答えなさい。


カルパティア山脈北方にいたスラヴ人は、6世紀になるとゲルマン人が移動したあとの広大な地域に急速にひろがり、ドニエプル川中流域には東スラヴ人が展開した。一方バルカン半島に南下した南スラヴ人のなかでセルビア人は、はじめ(c)ビザンツ帝国に服属し、ギリシア正教に改宗したが、クロアティア人・スロヴェニア人は、西方のフランク王国の影響下で(d)ローマ=カトリックをうけいれた。(e)西スラヴ人も西ヨーロッパの影響をうけてローマ=カトリックに改宗し、西方ラテン文化圏にはいった。これらスラヴ諸族と関係をもちながら、(f)東ヨーロッパの非スラヴ系諸民族も自立の道を歩んだ。

問1 下線部(c)のビザンツ帝国について述べた文として誤っているものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

1.ビザンツ帝国は、ユスティニアヌス帝の時代に最盛期をむかえた。
2.ビザンツ帝国では、軍管区(テマ)制がおこなわれた。
3.ビザンツ帝国は、十字軍に首都を占領され、一時中断した。
4.ビザンツ帝国は、モンゴル人に滅ぼされた。


問2  下線部(d)に関連して、ローマ教皇について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

1.ウルバヌス2世は、ニケーア公会議でアタナシウス派を正統教義とした。
2.ボニファティウス8世と神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世のあいだで叙任権闘争がはじまった。
3.グレゴリウス7世は、フランス国王フィリップ4世にアナーニでとらえられた。
4.レオ10世は贖宥状(免罪符)をドイツで販売し、ルターの批判をまねいた。






■解答

問1:4(モンゴル人ではなくオスマン帝国。)
問2:4(1.ニケーア公会議を開催したのはローマ皇帝コンスタンティヌス。ウルバヌス2世は、クレルモン宗教会議で十字軍を提唱。2.叙任権闘争をはじめたのは教皇グレゴリウス7世。3.アナーニでとらえられたのは、ボニファティウス8世。)


通信講座で学ぶ歴史

昔の記憶をたどりながら、通信講座でもう一度歴史を学んでみませんか?

まずは、無料の資料請求から・・・

歴史探求講座・戦国時代史の謎
戦国100年のドラマをわかりやすく徹底検証
織田信長、豊臣秀吉、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信、毛利元就、そして徳川家康…。


歴史能力検定

歴史能力検定の受験について

受験申し込み方法
個人受験の方法
団体受験の方法
受験者データ
合格証明書のとり方

検定のレベルと例題

5級のレベルと例題
4級のレベルと例題
準3級のレベルと例題
3級のレベルと例題
2級のレベルと例題
1級のレベルと例題

歴史の通信講座

古代オリエント史
歴史探求講座・戦国時代史の謎